ここから本文です

巨人・田口、6回零封で5勝目! 黒田の200勝がかかった試合で地元初勝利

ベースボールキング 7月13日(水)20時51分配信

● 広島 0 - 6 巨人 ○
<13回戦・マツダスタジアム>

 巨人打線が広島先発の黒田を攻略。投げては先発の田口が6回無失点と好投し、今季5勝目(6敗)を待望の地元初勝利で飾った。

 巨人は2回、先頭の5番阿部が5号ソロを放ち先制。1-0の6回は二死三塁の好機を作ると、またしても阿部が一塁線を破る適時打を放った。さらに続く6番村田が、豪快な11号2ランを左翼席へ運び4-0。続く7回にも1番橋本の適時二塁打、3番坂本の中前適時打で効率よく6点を奪った。

 田口は不安定な立ち上がりも、初回は牽制アウト、2回は6番鈴木を三振併殺に仕留めピンチ脱出。3回以降は直球とチェンジアップのコンビネーションが冴え渡り、好調な広島打線を3安打7奪三振に封じ込めた。

 広島新庄高出身の高卒3年目左腕は、これまでマツダスタジアムで5試合に登板したが0勝4敗と白星なし。今季も2連敗で4月2日は黒田に投げ負けていたが、相手の日米通算200勝がかかった試合で見事にリベンジした。

 広島は黒田が7回途中6失点で5敗目(6勝)を喫し、大記録達成はまたもお預け。打線も拙攻が響き、最後まで得点を奪えなかった。

BASEBALL KING

最終更新:7月13日(水)21時1分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。