ここから本文です

BUMP OF CHICKEN、新曲“アリア”がTBSドラマ『仰げば尊し』主題歌に!

RO69(アールオーロック) 7/13(水) 4:00配信

BUMP OF CHICKENが、2016年7月17日(日)よりスタートするTBS日曜劇場『仰げば尊し』の主題歌に、新曲“アリア”を提供することを発表した。

バンドにとって、ドラマ主題歌を務めるのは2012年9月リリースのシングル“firefly”以来となる。また、同曲は、軽やかかつ疾走感あふれるナンバーで、美しさと儚さの双方を内在するメロディが胸を打つ楽曲に仕上がっているという。

この主題歌に関して、メンバーがコメントを寄せている。

-------------------------------
<「仰げば尊し」主題歌のオファーを受けた時・決まった時の気持ち>
このようなオファーをいただき大変光栄でした。いつも通り自分たちのベストを尽くして、やらせていただこうと思いました。

<主題歌「アリア」が完成した時の気持ち>
疾走感のあるナンバーが仕上がりました。現在ツアー中なので、各地でお客さんから貰ったたくさんのエネルギーが楽曲や演奏に詰まっていると思います。

<ドラマで楽しみにしている点>
僕達にも友人や周りの人たちに支えられた学生時代があったので、このドラマがどのようなストーリーで展開されていくのか、とても楽しみにしています。
-------------------------------

なお、BUMP OF CHICKENは本日13日にライブBlu-ray / DVD『BUMP OF CHICKEN結成20周年SpecialLive「20」』をリリースするほか、2016年7月16日(土)~17日(日)には、全国ツアー「BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 “BFLY”」のファイナル公演を日産スタジアムで開催する。

番組、リリース、ツアー情報は以下の通り。

●番組情報
TBS 日曜劇場『仰げば尊し』
2016年7月17日(日)21:00~OA
主題歌:BUMP OF CHICKEN / “アリア”
http://www.tbs.co.jp/aogeba-toutoshi/

●リリース情報
LIVE Blu-ray / DVD『BUMP OF CHICKEN結成20周年記念Special Live「20」』
発売中:
Blu-ray初回限定盤(Blu-ray Disc+LIVE CD+豪華三方背スリーブケース+56ページフォトブックレット):TFXQ-78144 / ¥7,000+税
Blu-ray通常盤(Blu-ray Disc):TFXQ-78145 / ¥6,000+税
DVD初回限定盤(DVD+LIVE CD+豪華三方背スリーブケース+56ページフォトブックレット):TFBQ-18188 / ¥6,000+税
DVD通常盤(DVD):TFBQ-18189 / ¥5,000+税
Blu-ray Disc / DVD収録内容:
1. 天体観測
2. R.I.P.
3. バトルクライ
4. ランプ
5. 車輪の唄
6. ひとりごと
7. ナイフ
8. Butterfly
9. ロストマン
10. ベル
11. 66号線
12. K
13. ダイヤモンド
14. ray
15. ガラスのブルース
EN01. Hello,world!
EN02. BUMP OF CHICKENのテーマ

<各仕様初回限定盤付属LIVE CD収録内容>
1. 天体観測
2. R.I.P.
3. バトルクライ
4. ランプ
5. ひとりごと
6. ナイフ
7. ロストマン
8. ベル
9. ダイヤモンド
10. ray
11. ガラスのブルース
12. BUMP OF CHICKENのテーマ

●ツアー情報
「BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 "BFLY"」
2016年7月16日(土)神奈川県 日産スタジアム
OPEN 15:00 / START 17:00
2016年7月17日(日)神奈川県 日産スタジアム
OPEN 15:00 / START 17:00
料金:前売¥8640(税込)
※全公演チケットソールドアウト

BUMP OF CHICKEN結成20周年記念Special Live「20」特設ページ
http://www.bumpofchicken.com/live20bddvd/

RO69(アールオーロック)

最終更新:7/13(水) 4:00

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]