ここから本文です

仏車「アロンド」金沢で現役 58年製、国内唯一

北國新聞社 7/13(水) 3:12配信

 フランスの自動車メーカー「シムカ」が1958年に製造したクラシックカー「アロンド」が、現役で市内を走っている。畝田中1丁目の福田外茂男さん(72)が所有しており、福田さんによると、同車種で走行できるのは国内ではこの1台のみとみられる。

 アロンドは51年から64年の13年間に生産された小型車で、流線形のリアガラスが特徴となる。福田さんは3年前に亡くなった知人の遺言で受け継ぐように頼まれ、大切に乗り続けている。

 福田さんは「昔の車なので手入れは大変だが、往年の歴史を味わいながら、これからも乗り続けていきたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:7/13(水) 3:12

北國新聞社