ここから本文です

祭りの季節告げる奉燈 七尾駅に展示

北國新聞社 7/13(水) 3:12配信

 七尾駅前活性化協議会は11日、JR七尾駅の改札前に、高さ約3・5メートルの奉(ほう)燈(とう)(キリコ)1基を展示した。能登の夏祭りシーズンを迎え、文化庁の日本遺産であるキリコ祭りの雰囲気を味わってもらう。

 奉燈は、協議会が七尾駅前のビル「ミナ・クル」で保管していた。より多くの人に見てほしいと駅に置いた。JR西日本七尾鉄道部は今後、七尾駅で太鼓を設置し、奉燈を運行する際の囃子(はやし)の音も流すことにしている。

北國新聞社

最終更新:7/13(水) 3:12

北國新聞社