ここから本文です

トッテナムが前線補強、オランダ1部得点王ヤンセンを5年契約で獲得

SOCCER KING 7月13日(水)8時20分配信

 トッテナムは12日、AZに所属するオランダ代表FWフィンチェント・ヤンセンを5年契約で獲得したと発表した。

 ヤンセンは1994年生まれの22歳。2013年にアルメレ・シティでプロデビューを果たし、2015年夏にAZへ移籍した。2015-16シーズンはエールディヴィジで34試合出場27ゴールを記録し、得点王に輝いた。今年3月25日にはフランス代表との国際親善試合でオランダ代表デビューを果たしている。4日後のイングランド代表戦では代表初ゴールを記録した。

 移籍にあたってヤンセンは以下のようにコメントしている。

「ここは素晴らしいクラブで、自分を成長させるための大いなるチャンスを得た。若くて才能にあふれた選手たちと、素晴らしいスタッフとともにトレーニングを積むことができる。成長する準備はできているよ」

「このチームとともに成長していけるだろう。来シーズンはチャンピオンズリーグにも出場するね。素晴らしいことだ。チャンピオンズリーグでのプレーは自分にとっての夢だったんだ。子どもの頃から試合を観ていたからね。とても興奮したよ。今は(その夢に)近づいているんだ」

SOCCER KING

最終更新:7月13日(水)8時53分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。