ここから本文です

去就注目のハメスにトルコ移籍の可能性…フェネルバフチェが獲得に名乗り

SOCCER KING 7月13日(水)16時30分配信

 レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得へ、フェネルバフチェが動いている。大手メディア『CNN』トルコ版が12日に報じた。

 報道によると、フェネルバフチェのオーナーを務めるアジズ・ユルドゥム氏がJ・ロドリゲスの代理人であるジョルジュ・メンデス氏と会談の場を設け、移籍の可能性を探った模様だ。現在はレアル・マドリード側の反応を待っていると伝えられている。

 フェネルバフチェは昨夏の移籍市場でオランダ人FWロビン・ファン・ペルシーやポルトガル代表FWナニ(5日にバレンシア移籍が決定)らを獲得し、大型補強を敢行した。そして今夏、スター選手の獲得を目指してJ・ロドリゲスに白羽の矢を立てたという。

 J・ロドリゲスはレアル・マドリード加入2年目の2015-16シーズン、リーガ・エスパニョーラでは26試合出場7ゴールを記録したが、先発出場は17試合。全38試合の半数にも満たなかった。出場機会の減少により、今夏の移籍市場ではレアル・マドリードを退団する可能性を取り沙汰されている。

 一時は移籍先の有力候補としてパリ・サンジェルマンの名前が挙がったが、4日付の大手メディア『ESPN』によれば、ナセル・アル・ケライフィ会長が「それは事実無根だ。誰とも話をしていない」と完全否定。7月に入ってからはレアル・マドリード残留を有力視する報道が増えてきている。

SOCCER KING

最終更新:7月13日(水)16時31分

SOCCER KING