ここから本文です

G大阪、今季初の3連勝ならず…決め手欠き大宮とスコアレスドロー

SOCCER KING 7月13日(水)21時4分配信

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第3節が13日に行われ、大宮アルディージャとガンバ大阪が対戦した。

 セカンドステージに入って1勝1分の大宮と2連勝中のG大阪が激突。大宮は年間順位で6位、G大阪は同5位につけるが、勝点はともに30で並んでおり、上位浮上へ勝点3が欲しいところ。

 G大阪は13分、右サイドの高い位置でロングパスを受けたオ・ジェソクが相手選手をかわしてペナルティエリア内にグラウンダーの折り返し。パトリックがゴール前に走り込んだが、わずかに合わない。さらに22分、遠藤保仁のロングパスをエリア内左で受けた阿部浩之が中央へグラウンダーのクロス。再びパトリックが反応するが、これも合わせることができなかった。

 一方の大宮は36分、高い位置でボールを奪った横山知伸がエリア手前左からクロスを供給。中央の清水慎太郎が胸トラップから右足ボレーシュートを放つが、惜しくもクロスバー直撃で得点には至らなかった。前半はこのままスコアレスで折り返す。

 G大阪は倉田秋を下げて井手口陽介を投入し、後半を迎える。64分、高い位置でボールを奪ったG大阪は今野泰幸がシュートフェイントとからラストパス。エリア手前中央で受けた遠藤がフリーで右足を振り抜くが、シュートは枠の左に外れた。直後の65分には左サイドに抜け出したパトリックが中央へグラウンダーの折り返しを入れる。中央に走り込んだ遠藤はスルーすると、ファーサイドの阿部がフリーでシュートを放つが、GK加藤順大にキャッチされた。

 大宮は67分、清水が左サイドからグラウンダーのクロスを供給。ファーサイドに走り込んだネイツ・ペチュニクが合わせるが、シュートはGK東口順昭のセーブに阻まれた。後半アディショナル5分には、右CKから中央のネイツ・ペチュニクが合わせるが、これもGK東口の好セーブに阻まれた。直後に終了のホイッスルが鳴り、試合はスコアレスドローに終わった。この結果、大宮は2試合連続の引き分けに終わり、G大阪は今季初の3連勝を逃した。

 大宮は次節、17日にアウェーで浦和レッズと、G大阪は同日にホームでアビスパ福岡と対戦する。

【スコア】
大宮アルディージャ 0-0 ガンバ大阪

SOCCER KING

最終更新:7月13日(水)21時31分

SOCCER KING