ここから本文です

ドイツ4強敗退も…レーブ監督の2018年W杯まで続投決定

ゲキサカ 7月13日(水)8時47分配信

 ドイツサッカー連盟は12日、ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督(56)が2018年ロシアW杯まで続投することを発表した。

 2004年にドイツ代表のヘッドコーチに就任したレーブ監督は、2006年ドイツW杯終了後のユルゲン・クリンスマン辞任に伴い、監督に昇格。就任後は、EURO2008で準優勝、2010年南アフリカW杯で3位、EURO2012で4強、2014年ブラジルW杯で優勝と好成績を残しており、昨年3月に2018年まで契約を延長していた。

 今月10日に幕を閉じたEURO2016では、W杯に続くメジャー大会連覇を目指したが、フランス代表との準決勝で0-2で敗れ、4強に終わっていた。大会終了後、レーブ監督と電話会談を行ったラインハルト・グリンデル会長は、「彼はこのチームにとってベストの監督だ。W杯連覇という目標を共に目指すのに何の疑問もない」と現体制の継続を強調した。

 また、レーブ監督は「準決勝での敗退に失望したし、EUROでは準備期間も含めて多くの力を消耗した。ただチームには失望しておらず、若いチームだけに多くのポテンシャルを秘めている。この選手たちとロシアW杯に向けて取り組んでいけることが楽しみだ」と気持ちを切り替えていた。

最終更新:7月13日(水)9時54分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]