ここから本文です

クロスバー2発で無得点…広島FW浅野、次節ラストマッチは「笑顔で終わりたい」

ゲキサカ 7月13日(水)22時34分配信

[7.13 J1第2ステージ第3節 柏 3-3 広島 柏]

 2度の決定機はともにクロスバーに阻まれた。サンフレッチェ広島FW浅野拓磨は、「チームに迷惑を掛けた」と悔しさを滲ませた。

 前半5分に柏に先制を許して迎えた同7分、浅野に最初の決定機が訪れる。FWピーター・ウタカの浮き球のパスから一気に最終ラインの裏に抜け出すと、GK中村航輔と1対1に。「自分の中で良い選択ができた」と右足ループで狙ったシュートは中村の頭上を越えたものの、クロスバーに弾かれてしまった。

 そして、3-3で迎えた後半21分に2度目の決定機を迎えるが、右サイドから切れ込んで左足で放ったシュートは、またもやクロスバーを叩いてしまう。「結果的にゴールにつながらなかった。すごく悔しい。ボールを運んでくれた仲間に申し訳ない」と唇を噛みつつも、手応えは悪くないと話す。

「自信を持ってシュートを打てているので、後悔はない。あとは入るか入らないかなので、そこのクオリティーを上げていかないといけない。決め切る力をつけていくだけ」

 7月3日にアーセナルへの移籍が発表された時点で、広島でのプレーは残り3試合となっていた。前節の鹿島戦で自身は2得点を挙げながらもチームは敗れ、柏戦はドローに終わった。移籍前にプレーできるのは残り1試合――。「自分の中の力をすべて振り絞り、何が何でも勝って、最後は笑顔で終わりたい」と力強く語る。もちろん、勝利のために「自分がゴールを決めないといけない」とゴール奪取を誓った。

最終更新:7月13日(水)22時34分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]