ここから本文です

エース豊田2発! 鳥栖が敵地で湘南を圧倒し3戦無敗

ゲキサカ 7月13日(水)23時17分配信

[7.13 J1第2ステージ第3節 湘南0-2鳥栖 BMWス]

 敵地に乗り込んだサガン鳥栖が湘南ベルマーレを2-0で退け、第2ステージ3試合負けなし(2勝1分)とした。年間順位で13位の鳥栖は勝ち点3を積み上げ、12位に浮上。2試合ぶりの黒星を喫した湘南は変わらず同14位のままとなった。

 鳥栖は前線のFW豊田陽平、MF鎌田大地、MF金民友を中心に序盤からチャンスを量産。前半3分、鎌田が敵陣中央から切れ込み、右足でシュートを放つも、ゴールの右上に外れる。同7分には豊田がロングボールを頭でフリックし、抜け出した金民友が右サイド深くから折り返すと、ニアに鎌田が飛び込む。絶好のチャンスだったが、うまくミートできず、シュートはゴール左へ流れた。

 鳥栖は前半10分にも決定機。カウンターからドリブルで持ち上がった金民友が中央で相手を引き付け、タイミングよく右にパスを出す。フリーで受けたPA内右の鎌田はシュートをワンテンポ遅らせ、ブロックに来たDFのスライディングを空転させた上で右足を振り抜く。しかし、再びゴール左へ外してしまった。

 立ち上がりから相手ゴールを脅かし続けた鳥栖は、前半15分に先制に成功する。MF高橋義希が左サイドをドリブル突破し、左足でグラウンダーのクロス。ゴールエリア左に走り込んだ豊田が左足のダイレクトシュートでニアを打ち抜き、先制弾を挙げた。ゴール後は、3日に第2子となる長男が誕生したDF吉田豊を祝い、選手たちが集まってゆりかごダンスを披露。前半は鳥栖が1点をリードして折り返した。

 鳥栖の攻勢を受け、前半のシュート数が1本にとどまった湘南。失点後に変更した4バックをベースに、後半開始からFW長谷川アーリアジャスールを投入して反撃を試みる。後半5分には左CKからDF三竿雄斗がクロスを上げ、PA外から走り込んだMF下田北斗が頭で合わせるも、枠をとらえられなかった。

 鳥栖は後半8分、カウンターからFW早坂良太が持ち運び、PA内やや左でフリーの鎌田にパス。鎌田はトラップから右足でシュートを打つが、MF神谷優太の体を張ったブロックに阻まれ、チャンスをモノにできず。同12分にはPA内右で粘った豊田が至近距離から右足を強振するも、シュートは相手GKに正面で弾かれた。

 後半も主導権を握る鳥栖は、後半16分に追加点を奪取。サイドチェンジのパスを受けた吉田が左サイド後方から右足でクロスを送ると、PA内でDF坪井慶介にブロックされるも、こぼれ球に反応したMF福田晃斗が左足でシュートを放つ。これをゴール正面の豊田がワントラップから左足のボレーで押し込み、今季8得点目。鳥栖はリードを2点に広げた。

 湘南は途中出場のFWウェズレーの仕掛けを中心に鳥栖の守備を崩しにかかるが、ゴールを奪えないまま時間が経過。後半30分にはPA手前左でFKを獲得し、FW山田直輝が右足で狙うが、シュートはゴール左へ。スコアはそのまま動かず、鳥栖が2-0で逃げ切った。

最終更新:7月13日(水)23時17分

ゲキサカ