ここから本文です

メルセデス・ベンツ、代官山 蔦屋書店内にクルマを置かないショールームをオープン ~自動車ブランド初のオリジナル「Tカード」発行~

オートックワン 7/13(水) 20:54配信

・自動車ブランド初、メルセデス・ベンツ オリジナル T カード発行

・代官山 蔦屋書店内にクルマを置かないショールーム「Mercedes-Benz Lifestyle Lounge」を7月13日より期間限定でオープン

このニュースのフォトギャラリー

・7月13日~15日の3日間、オープンを記念した特別展示を実施

メルセデス・ベンツ日本株式会社と、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の子会社であるCCCマーケティング株式会社は、2016年1月のMBJとCCCの契約締結を受け、販促プロモーションとマーケティングの領域において協業プロジェクトを開始すると発表した。

「Mercedes-Benz Lifestyle Lounge」は、主に都市部や人の集まるスペースにおいて、デジタル・ツールを活用しメルセデスブランドを体験できる“クルマを置かないショールーム”で、このたびプロトタイプとして、代官山 蔦屋書店内に、7月13日~9月13日までの期間限定でオープン。

具体的には、VR(仮想現実)、コンフィギュレーターやデジタルサイネージを活用した製品体験、メルセデスに関する書籍やオリジナルグッズの展示などを通じ、クルマとともに暮らす上質なライフスタイルをお客様に提案。

ラウンジ内には、メルセデスの商品に関する知識をもったプロダクト・エキスパートが配置され、来場者の製品に関する質問に答える。また、無料の試乗プログラム“トライアルクルーズ”を展開し、メルセデス・ベンツおよびスマートの試乗を気軽に楽しむことができる。

さらに、オープンを記念し、7月13日から15日までの3日間、Tサイトガーデンギャラリーにおいて、過去/現在/近未来/未来の4つの時代に分けて、メルセデス・ベンツの130年の歴史と、これからのライフスタイルを予感させる展示も実施される。

また、CCCMKが保有するライフスタイル・データベース、これまで培ってきたマーケティングノウハウを活用し、メルセデス・ベンツの魅力を余すところなく伝えることで、新たな顧客層に対するブランドの訴求や浸透を図っていく。

今回の取り組みの開始にあわせ、7月15日より、自動車ブランドとしては初めて、オリジナルデザインのTカードを全国のメルセデス・ベンツ正規販売店およびメルセデス・ベンツコネクションで発行を開始する。

最終更新:7/13(水) 20:54

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。