ここから本文です

仏ルノー、新型メガーヌセダンを公開

carview! 7/13(水) 12:31配信

仏ルノーは、新型メガーヌのボディバリエーションに、セダンを加え、12日に発表した。メガーヌセダンは2015年9月のフランクフルトショーで発表されたハッチバック、続いて2016年3月のジュネーブショーで披露されたエステートに続く、新型メガーヌ第3のボディバリエーションとなる 。

【メガーヌ (ハッチバック)の写真をもっと見る(7枚)】

新型メガーヌのプラットフォームは、ルノー日産アライアンスが共同開発したCMF-CDアーキテクチャーをベースに作られている。

スタイリングは、ルノーの新しいファミリーフェイスを採用し、フロントはハッチバックやステーションワゴンに準じたデザインとなっている。特徴的なのは、大型のパノラミックグラスルーフ。フロントおよびリアガラスと繋がっており、2トーンカラーにような印象を与えている。

車内は、後席の広さを十分に確保し、さらに3ボックスセダンならではの広大なトランクスペースを実現したとのこと。

装備は、8.7インチのタブレット型のディスプレイを持つマルチメディアシステムや、カラーヘッドアップディスプレイ、車庫入れ時のステアリング操作をアシストするイージーパークアシストなどを装備する。また、緊急ブレーキシステムや車線逸脱警報など、安全装備も充実している。

株式会社カービュー

最終更新:7/13(水) 12:31

carview!

なぜ今? 首相主導の働き方改革