ここから本文です

【中国】BYD、寧波市にエコカー工場=35億元投資

NNA 7月14日(木)8時30分配信

 深セン上場の電池・自動車メーカー、比亜迪(深セン市、BYD)は浙江省寧波市の県級市である奉化市に電気バス(EVバス)などの生産工場を建設する。来年の6月までに稼働する見通し。投資総額は35億元(約550億円)を見込む。
 12日付寧波日報などが伝えた。工期は2期に分けて行われる。1期では15億元を投じてEVバス工場を建設する。計画では、今年6月に着工し、来年6月までに稼働する予定。年間生産能力は2,000台で、18年6月にはこれを3,000台に引き上げる。生産能力拡張後の年間生産額は60億元、部品など関連産業の年間生産額は40億元を見込む。
 2期では20億元を投じて港湾専用車両などエコカーの特殊車両の生産工場を建設する。フル稼働後の年間生産額は80億元を見込む。

最終更新:7月14日(木)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。