ここから本文です

シルバーストンF1合同テスト2日目タイム:ライコネンがトップで締めくくる

オートスポーツweb 7月14日(木)2時40分配信

 7月13日に行われたシルバーストンF1合同テスト2日目、午後のセッションではフェラーリのキミ・ライコネンがトップタイムを記録して、インシーズンテストを締めくくった。

来季もベッテルとライコネンのコンビ続投が決定

 メルセデスのエステバン・オコンは午前中のタイムを更新できず2番手。レッドブルのピエール・ガスリーは終盤3番手に浮上した。フォース・インディアの開発ドライバー、ニキータ・マゼピンが4番手に入っている。

 ウイリアムズは、バルセロナのインシーズンテストに続き、データ収集用の「ダブル・デッカー」リヤウイングを投入。バルテリ・ボッタスは5番手で終えている。

シルバーストンF1合同テスト2日目:総合
1/キミ・ライコネン/フェラーリ/1'30.665/103
2/エステバン・オコン/メルセデス/1'31.212/139
3/ピエール・ガスリー/レッドブル/1'31.429 /103
4/ニキータ・マゼピン/フォース・インディア/1'31.561/69
5/ストフェル・バンドーン/マクラーレン/1'31.764/114
6/バルテリ・ボッタス/ウイリアムズ/1'32.423 /98
7/サンティーノ・フェルッチ/ハース/1'33.141/107
8/ジョリオン・パーマー/ルノー/1'33.308/98
9/セルジオ・セッテ・カマラ/トロロッソ/1'34.040 /82
10/ジョーダン・キング/マノー/1'35.060/70
11/パスカル・ウェーレイン(ピレリ)/メルセデス※/1'36.182 /128
※ウェーレインはピレリタイヤテストのため、2014年型メルセデスマシンで走行


[オートスポーツweb 2016年07月14日]

最終更新:7月14日(木)2時40分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]