ここから本文です

日本人の幸福って何なの?…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く幸せ

withnews 7月15日(金)7時0分配信

 人と比べると幸せを実感できるけど……。ツイッターに投稿した漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題になった漫画の作者・吉谷光平さんが、日本人の幸福について描きました。

【漫画】「幸せ」はこちら。〝30秒で泣ける〟と話題になった「男ってやつは」も掲載

漫画の内容は

 フェイスブックを見ると 素敵な旅行 豪華な食事

 結婚 子育て みんな幸せそうです

 たまに僕はそれを見て

 「僕は幸せじゃないのかも」と思います

 「好きなことやって食えてるなら幸せだろ!」

 「それはそうだなぁ」

 「やっぱり幸せかも」とも思います

 人比べると「幸せ」を実感できるけど

 「人より幸せでない」ことも実感します

 たまに一人で焼き鳥屋に行きます

 SNSには上げず 誰とも話さず 焼き鳥を食べます

 「自分だけの幸せ」を何とも比べず味わうのも

 たまには気持ちいいです

元になった投稿

 先日、朝日新聞の声欄に寄せられた一通の投稿。千葉県に住む20代のベトナム人留学生からでした。

 来日から10カ月が過ぎ、来る前に思っていたことと、実際に来て感じたことの違いについて書かれています。

 タイトルは「日本人の幸福って何なの?」。

投稿の全文がこちら

 私は日本に来るまで、日本は立派で偉大な国だと思っていた。来日当初も、街の発展ぶりや人々の生活の豊かさを見て、私の国ベトナムとの差は大きいと感じた。きっと日本人は自分の国に誇りを持ち、幸せだと感じているのだろうと思っていた。

 しかし、来日から10カ月が過ぎた今、実はそうではないように感じる。

 日本は、世界でも自殺率が高い国の一つだという。電車の中では、睡眠不足で疲れた顔をよく見る。日本人はあまり笑っていないし、いつも何か心配事があるような顔をしている。

 日本人は勤勉で、一生懸命働いて今の日本を建設した。でも、会社や組織への貢献ばかり考え、自分の成果を自分が享受することを忘れていると思う。ベトナムはまだ貧乏な国だが、困難でも楽観的に暮らし、めったに自殺を考えない。

 経済的豊かさは幸福につながるとは限らない。日本人は何のために頑張っているのか。幸福とは何なのか。日本人自身で答えを探した方がいいと思う。

漫画作者・吉谷光平

 【よしたに・こうへい】 26歳の漫画家。サラリーマン生活や漫画家アシスタントなどを経て、月刊スピリッツの「サカナマン」でデビュー。現在は月刊ヤングマガジンで「ナナメにナナミちゃん」を連載中。ツイッターで公開した2ページ5コマの漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題に。

最終更新:7月15日(金)18時57分

withnews