ここから本文です

メジャー2連勝に挑むDJが豪語 「僕が世界のベストプレーヤー」

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月14日(木)11時34分配信

世界ランク2位のダスティン・ジョンソンが「全英オープン」開幕前日の13日に公式会見に出席し、6月「全米オープン」に続くメジャー2連勝へ自信をみなぎらせた。

【写真】ダスティン・ジョンソンは家族に囲まれメジャー初Vを喜ぶ

メジャー29試合目で念願の初タイトルを手にしてから約1カ月。その後は世界ゴルフ選手権「WGCブリヂストン招待」も制し、出場2試合連続でビッグタイトルを獲得した。世界ランクはキャリアベストの2位に躍進。現在の男子ツアーにおいて、もっともホットな選手であることに疑いの余地はない。

「もし自分のやるべきことができれば、勝てると信じている」と、32歳は会見でも強者の貫録を漂わせる。自然の地形をそのままに生かしたリンクスコースについても、「想像力を働かせることと、バリエーション豊かなショットを打つことが必要になる。僕が好きなことだ。大学生のときに初めてセントアンドリュースをプレーして以来、ずっとそうさ」とコメント。実際に過去7回の出場で、11年の2位タイを含む4回のトップ15を記録している。

「僕が世界のベストプレーヤーだと感じている。自分のプレーに信頼を寄せているし、今はとても良い状態にあることは明らかだからね」。

少々気が早い話だが、「全米オープン」と「全英オープン」の連勝となれば、2000年に記録したタイガー・ウッズ以来16年ぶりとなる。(スコットランド・トゥルーン/塚田達也)

最終更新:7月14日(木)15時3分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。