ここから本文です

【NFL】ブレイディの控訴却下、開幕4試合の出場停止処分は変わらず

NFL JAPAN 7月14日(木)11時19分配信

 米国第2巡回控訴裁判所は現地13日、ニューイングランド・ペイトリオッツのクォーターバック(QB)トム・ブレイディとNFL選手会が申し立てていた出場停止処分に関する控訴を退けた。このため処分は引き続き有効とされ、ブレイディがこれを覆すには最高裁判所の判断を仰ぐしかなくなった。

 NFLメディアのイアン・ラポポート氏によると、ブレイディは90日以内なら最高裁判所へ上訴可能。ただし『Tulane Sports Law Program』のディレクターを務めるゲイブ・フェルドマン氏は、最高裁判所がブレイディ側の訴えを聞く可能性は非常に低いとみている。

「現時点でブレイディには最後の一発しか残っておらず、それも当たる見込みはほとんどない」

 ブレイディは2014年シーズンのプレイオフで起こったボールの空気圧問題に関与したとして、今季開幕から4試合の出場停止処分を受けている。

<ニューイングランド・ペイトリオッツ>

最終更新:7月14日(木)11時19分

NFL JAPAN