ここから本文です

増田寛也氏が第一声「都政の混乱に終止符打つ」 都知事選告示

THE PAGE 7/14(木) 12:05配信

THE PAGE

 東京都知事選が14日に告示され、元総務相の増田寛也氏が千代田区の事務所前で第一声を上げ、「都政の混乱に終止符を打つ」などと訴えた。

【動画】小池百合子氏が第一声 「組織、しがらみ超えてまい進する」都知事選告示

 「東京は3つの不安を抱えている」として、待機児童、高齢化、首都防災の問題に対応すると述べた。具体的に、待機児童問題では「就任後1か月以内に地域別プログラムをつくる」と明言した。

 2020年の東京五輪については「確実に世界に感動を届けないといけない」と述べ、遅れている準備を進めていくとした。働き方改革では、都庁の幹部職員に女性を登用していくことを打ち出した。

 前岩手県知事でもある増田氏は時折、右手を掲げながら、落ち着いた口調で語りかけた。「知事になることが目的ではなく、知事になって何をするのか」が大事だと強調。「東京の課題を外から見てきた。解決の処方箋を描き、それを確実に実行する」と語った。

 増田氏は自民、公明、こころが推薦。第一声には、自民党の谷垣禎一幹事長、公明党の井上義久幹事長が応援演説に立ったほか、自民党都連会長で石原伸晃経済再生担当相ら国会議員、都連幹事長の内田茂氏ら都議が駆けつけた。10日の参院選で当選したばかりの朝日健太郎氏らも姿を見せた。

最終更新:7/14(木) 20:32

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。