ここから本文です

スカイマーク、社内公募の新制服 7年ぶり、今秋から

Aviation Wire 7月14日(木)19時31分配信

 スカイマーク(SKY/BC)は7月14日、客室乗務員(CA)と地上旅客係員(グランドスタッフ、GS)の新制服を、羽田空港内の同社格納庫で発表した。社員から公募したデザインを、アパレルブランドのユナイテッドアローズ(7606)が監修した。今秋をめどに導入する。制服の刷新は7年ぶり。

 CAとGSともに同じものを着用する。女性はジャケットとワンピース、シャツとベストにスカートかパンツを合わせる3種類を導入。男性はシャツとベストにジャケットとパンツを合わせる1種類を着用し、ネクタイを2種類用意する。どのような組み合わせにするかは、個人が決定できる。

 紺色をベースに、同社のキーカーラー、黄色を配色。シンプルなデザインにした。

 新制服のデザイン案は、社内で公募。40件近くの応募の中から、神戸空港支店ランプ管理課に所属する山中哲馬さんのデザインを採用した。デザイン案は2015年12月に募集し、2016年5月に山中さんの案に決定した。

 地上ハンドリング業務を担当する山中さんは、制服デザインの公募を知ったときにデザイン案が浮かんだと説明。建築物や自動車など、街中のものを参考にしてデザインしたという。デザイン案は締め切り前日に、1時間程度で書き上げた。

 山中さんは自身の仕事を「デザインとは関わりのないもの」としながらも、幼いころに工業デザイナーを目指したことがあったと説明した。

 スカイマークの佐山展生会長は新制服について、導入により新しいスカイマークが飛び立つことができるとし、「(民事再生手続きを開始した)1年くらい前を考えると感無量」と話した。

 市江正彦社長は新制服の導入について、外から見える制服を刷新することで、同社が生まれ変わったことをアピールする狙いがあると説明。「スカイマークが変わる象徴になり、社員が自主的に会社を変えていってもらえればうれしい」とした。

 スカイマークは2014年6月、エアバスA330-300型機の導入キャンペーン用にミニスカートの制服を導入し、話題となった。今回の新制服導入にあたり市江社長は「ああいうもの(ミニスカート)にするつもりはなかった」と話した。

 今回リニューアルする制服は4代目。現在着用しているポロシャツの制服は、2009年4月から導入している。

Yusuke KOHASE

最終更新:7月14日(木)19時31分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]