ここから本文です

北米トラックオブザイヤー2017、第一次4車…ホンダと日産がノミネート

レスポンス 7月14日(木)9時30分配信

北米カーオブザイヤー主催団体は7月6日、「2017北米カーオブザイヤー」のトラック部門の第一次ノミネート車4車種を発表した。

画像:北米トラックオブザイヤー2017の第一次4車

北米カーオブザイヤーは今回が24度目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

これまで、北米カーオブザイヤーは、「乗用車」と「トラックおよびユーティリティ」の2部門だった。今回からトラックとユーティリティを別部門化し、乗用車、トラック、SUVの3部門とする。

2017北米カーオブザイヤーのトラック部門の第一次ノミネート4車種は以下の通り。

フォードFシリーズ スーパーデューティ
フォードF-150ラプター
ホンダ リッジライン
日産タイタン

米国の大ベストセラー車、フォード『Fシリーズ』の2台に、日本の2車種が挑む形。なお、フォード『F-150ラプター』は、フォード『F-150』のオフロード高性能グレード。

また、新型ホンダ『リッジライン』は2世代目。中型ピックアップトラックのカテゴリーに属する。大型ピックアップトラックの新型日産『タイタン』も2世代目。ノミネートされたのは、最大積載量0.5トンのモデル。

なお、2017北米カーオブザイヤーは2017年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー17で発表される。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月14日(木)9時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。