ここから本文です

【都知事選出馬】鳥越氏「女性問題」の真相直撃 身体検査に“クロ”歴あった?

東スポWeb 7月14日(木)5時3分配信

 身体検査に“クロ”歴あり!? ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が12日に東京都知事選(14日告示、31日投開票)に出馬を表明し、野党統一候補となったことで、選挙戦の構図は固まった。究極の“後出しジャンケン”だったがじっくり練った構想は出ず、政策も不明の頼りない会見をするだけだった。国民的知名度は十分の鳥越氏ではあるが、不安もあるとささやかれている。それは、年齢的にまさかの“女性問題”だ。今度の知事候補はカネではなく、女性でつまずく? 本人を直撃すると――。

 前日の夕方に出馬を決めて、この日午後に会見するというドタバタの鳥越氏。それだけに会見もまたグダグダになった。

「住んでよし、働いてよし、環境によしの“3つのよし”を持つ東京に全力をささげたい」と意気込むものの、勘違いや不勉強を思い切り露呈した。

「東京は出生率が1・4と(全国では)高いというが、これではとても人口を保っていけない」と言ったかと思えば、事務方の注意を受けて「出生率1・17で、全国最低でした。これも変えていかないといけない」と訂正。

 これは勘違いで済むが「私は昭和15年生まれです。終戦のときは20歳でした。空襲も覚えているし、防空壕に逃げ込んだことも覚えている」と語っては、もう“ボケ”を疑われても仕方ない? 終戦は1945年で昭和20年。鳥越氏は5歳のはずである。一方で「昭和21年に小学校入学」と正しい経歴も示したが…。

 都知事選を目指すものの「憲法改正が射程に入ってきていると参院選で分かった。東京にも関係がある。参院選と違う結果が出ればうれしい」と改憲反対を訴える。もっとも「憲法改正について都政で議論する機会はないが、どうアピールするのか」と聞かれると「具体的にはない。ありません」。

 都政の課題、2020年東京五輪・パラリンピックの話題ならどうか。

「東京五輪のあり方はどうあるべきか」との質問には「昨日出馬を決めたばかりで、細かい費用はチェックしていない。知りません。費用をかけず、成果を上げたい」と頼りなさげ。

 自民党は増田寛也元総務相(64)と小池百合子元防衛相(63)で分裂が確定的。対立候補として争点を設定して戦うはずだが「関心なかったから、2人の公約を読んでいません。これから読んで争点を探します」と妙に余裕も示す。

 選挙ポスターは今から撮影しても間に合わないから、手持ちの写真を使う。政策は13日にはなんとかしたいという。すべてにおいて準備不足だ。

 理由はある。民進党関係者は「蓮舫氏が出ないことになって、都連の松原仁会長は勝手にいろんな人の名前を出した。海江田万里氏は『誰が俺の名前を言っているんだ』と激怒したといいます。長島昭久氏にいたっては本気で出馬を考えてしまった。一方で、党本部はまったく別で動いていました」と統制が取れず急になったと白状した。

 結局、党本部が鳥越氏に乗っかったわけだが、こんな話も。

 都政関係者は「実は以前、民進党は鳥越氏にNGを出していたといいます。身体検査に引っかかったというのです。しかも、コッチの方で」と小指を立てる。なんと76歳にして女性問題の疑いをかけられていたというから驚くしかない。

 会見で身体検査について聞かれた鳥越氏は「金銭上のトラブルが出てくるとは予想していない」と“政治とカネ”においてはクリーンと話していた。一方、若い女性記者から「鳥越氏の人間性や弱点を教えてください」と聞かれると、「それは2人になったときに聞いて」と甘いささやきを残した。女性が好きなのは間違いない。

 永田町関係者は「女性問題が本当だとして、現在愛人がいるような類いの話なのか、過去にセクハラを起こしたという話なのか。どちらにせよ76歳という年齢を考えれば、元気だってことを示すエピソードじゃないですか」と同じ男性として驚く。

 鳥越氏といえば2005年に直腸がんを公表し、4度の手術を受けている。体調も心配されるが「人生で今が一番健康」と本人は笑う。

 12日夕、ぶら下がり取材を終えたばかりの鳥越氏に「女性問題は大丈夫なのか」と直撃すると、「はは、何言ってんだ。ウチの奥さんに聞いてくれ」と軽妙に話した。

 元気があれば都知事にもなれるか――。

☆とりごえ・しゅんたろう=1940年3月、福岡県吉井町(現うきは市)生まれ。京都大学文学部卒業後、65年に毎日新聞に入社。88年にはサンデー毎日の編集長に就任。89年にテレビ朝日系列の「ザ・スクープ」のキャスターに就任以降、活躍の場はテレビやラジオが中心に。記者としての鋭い分析と、歯に衣着せぬ物言いで、政治や社会問題に切り込んできた。05年に直腸がんを手術。その後、肺や肝臓への転移が見つかり手術を受け、09年にがん患者支援のNPO法人理事長に就任したこともあった。

最終更新:7月14日(木)5時13分

東スポWeb