ここから本文です

ディズニーの名曲「君のようになりたい」、女子高生グループ「リトグリ」が蘇らせる!

cinemacafe.net 7月14日(木)12時30分配信

主人公の少年モーグリ以外、壮大なジャングルや表情豊かな動物たちがすべてCGで表現した映画『ジャングル・ブック』。全世界興収10億ドル(約1,000億円)に迫る大ヒットを記録中の本作だが、この度、実力派アーティストとして話題の女子高生ボーカルグループ「Little Glee Monster」が、本作のキャンペーンソングを担当することが決定した。

【写真】『ジャングル・ブック』ビジュアル

ジャングルに取り残された赤ん坊のモーグリは、黒ヒョウのバギーラによって母オオカミのラクシャに預けられ、ジャングルの子となった。バギーラからは自然の厳しさと生き抜くための知恵を教わり、ラクシャからは惜しみない愛を注がれ、幸せな生活を送るモーグリ。ある日、人間への復讐心に燃える恐ろしいトラのシア・カーンが現れる…。果たしてシア・カーンの言うように、人間であるモーグリはジャングルの“脅威”なのか? それとも、ジャングルに光をもたらす“希望”なのか――?

“ガオラー”というファンの名称まであり、もはや社会現象となっている「Little Glee Monster」。大型夏フェスでの歌唱や、多数の著名アーティストとの競演、「ポケットモンスター XY」のエンディングテーマや「表参道高校合唱部!」の主題歌に起用されるなど、勢いのある6人組だ。今回彼女たちが歌うのは、本作はもちろん、ウォルト・ディズニーの遺作となったディズニー・アニメーション『ジャングル・ブック』でも、キング・ルーイが歌っていた「君のようになりたい」。楽曲はこれまで、数々のディズニー作品の音楽で知られるオスカー受賞者、シャーマン兄弟作詞作曲により、50年もの間世界中から愛され、たくさんのアーティストがカバーしてきた。そんな楽曲を、今回は現代版にアレンジし“新たな”「君のようになりたい」として、本作のTVスポットの映像にも使用されるという。

メンバーの芹奈は、オファーを受け、嬉しい反面緊張したと明かすが「モーグリに語りかけるようにレコーディングしました」と収録をふり返る。manakaも「映画を観て、気持ちが楽しくなりました。深いメッセージもあったので、『楽しい気持ちを忘れずに、でも芯はブレずに伝えたいね。そして、“君になりたい”というメッセージをしっかり歌おう』と6人で心掛けました」と劇中では、人間のような支配力を欲する巨大類人猿キング・ルーイが歌うことからも、しっかりとその気持ちを歌に込めたと話していた。

さらに、MAYUは「この曲は楽しんで歌うのが、一番です。ひとりでももちろん楽しいですが、お友だちとかと大勢で歌ってもらえたら楽しいと思います」とメッセージを寄せた。また麻珠とかれんは「自然と涙が出てくるシーンがたくさんあって、自分に自信が無かったり、不安や悩みを抱えている方が作品を観たら、自分はどう生きれば良いのか、改めて考えさせられる作品だと思いました」(麻珠さん)。「何回も観たくなる映画だなと思いました」(かれんさん)。とそれぞれ本作の感想を語っていた。

『ジャングル・ブック』は8月11日(木・祝)より全国にて公開。

最終更新:7月14日(木)12時30分

cinemacafe.net