ここから本文です

リチャード・リンクレイター監督の最新作「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」、今秋日本公開決定

映画.com 7月14日(木)6時0分配信

 [映画.com ニュース] 「恋人までの距離(ディスタンス)」シリーズや「6才のボクが、大人になるまで。」(2014)で知られるリチャード・リンクレイター監督の最新作「Everybody Wants Some!!(原題)」が、「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」の邦題で今秋に日本公開されることが決定した。

 リンクレイター監督が監督・脚本・製作を手がけた本作は、6歳の少年が成長する12年間を現実の時間に合わせて撮り上げた「6才のボクが、大人になるまで。」の続編的要素を含んだ作品になるという。リンクレイター監督は「あの12年間の続きになるような、大人の扉を開けるひとときを描いている」と語っている。

 1980年夏。野球のスポーツ推薦で大学へ進学することになったジェイク(ブレイク・ジェナー)が、新学期が始まる前に個性豊かなチームメイトたちと過ごす3日間を、人情味豊かに描く。「ヴァンパイア・アカデミー」のゾーイ・ドゥイッチ、ドラマ「HEROES REBORN ヒーローズ・リボーン」のライアン・グスマン、ドラマ「SUPERGIRL スーパーガール」のスーパーマン役に決定したタイラー・ホークリン、「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のグレン・パウエルらが脇を固める。

 「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」は、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで今秋公開。なお、東京・新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2016/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」のオープニング作品として、7月16日に先行上映される。

最終更新:7月14日(木)6時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。