ここから本文です

【UFC】リネカーがマクドナルドを初回KO、王座挑戦をアピール

イーファイト 7月14日(木)13時58分配信

「UFC Fight Night-Mcdonald vs Lineker-」
2016年7月13日(水・現地時間)アメリカ・サウスダコタ州スーフォールズ
デニーサンフォードプレミアセンター

【フォト】リネカーが強烈フックでマクドナルドの意識を飛ばした

▼メインイベント バンタム級 5分5R
○ジョン・リネカー(ブラジル/同級11位)
KO 1R 2分43秒 ※パウンド連打
●マイケル・マクドナルド(アメリカ/同級5位)

 半年ぶりのUFC参戦となったマクドナルドは、UFCバンタム級暫定タイトルマッチを経験した実力者。2013年12月から約2年間、怪我のため戦線離脱を余儀なくされていたが、今年1月の復帰戦で金原正徳から一本勝ちを収め、復活の狼煙を上げた。

 対するリネカーは2012年にUFCに初参戦。高いボクシングテクニックに加え、UFCでも随一と言われるパンチの回転の速さを武器に、10戦8勝2敗の戦績を収めている。

 1R、お互いに打撃で攻撃を組み立てる。マクドナルドがパンチを放つと、リネカーは3、4発をまとめて返す。するとマクドナルドがヒザ蹴りを放とうとしたところに、リネカーの右フックがクリーンヒット。マクドナルドはダウン気味に倒れるが、すぐに立ち上がるとケージを背にして打ち合う。

 しかし、パンチの回転力で勝るリネカーの左右のフックを続けざまにくらって苦しい状況に。何とか逃げようとするが、再びケージを背にリネカーと向き合ったところで、右ボディブローからの左フックを被弾。崩れ落ちたところにリネカーのパウンドを受け、マクドナルドはそのまま動かなくなると、レフェリーが試合を止めた。

 試合後にマイクを向けられたリネカーは、「初めてのメインイベントで勝つことができで本当に嬉しい。ドミニク・クルーズよ、待っていろ」と、王者の名前を叫び、対戦をアピールした。

最終更新:7月14日(木)16時9分

イーファイト