ここから本文です

DANCE EARTH PARTY、新曲MVで和太鼓と圧巻パフォーマンス

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月14日(木)13時13分配信

DANCE EARTH PARTYが8月3日にリリースするニューシングル「NEO ZIPANG~UTAGE~」のミュージックビデオが公開された。

【詳細】MVはこちら

過去にEXILE USAが数々の日本の都市で“祭り”を体感し、「日本から世界へ発信できる新しいお祭りを作りたい!」というコンセプトのもと、その古来の和楽器ミュージックと最先端のダンスミュージックが見事にミクスチャーされた新しい音楽ジャンルが完成。

今楽曲には、ULTRA KOREA、ULTRA EUROPE、ULTRA JAPAN2年連続出演、Google Android CM楽曲を担当した若手No.1クリエイター“banvox”と、世界23ヵ国、500都市、700万人に迫る観客を動員中、2016年2月には、初のニューヨーク、オフ・ブロードウェイ公演を行い、全公演ソールドアウトさせた和太鼓エンターテイメントグループ“DRUM TAO”が参加している。

衣裳プロデュースは山本寛斎。チベット、アフリカ、インドなど世界中の布を繋ぎあわせて制作された、一見、和風ではあるものの、どこの民族衣装でもないオリジナルのものであり、世界中の布を繋ぎあわせて制作された衣装は、ダンスを通じて世界をひとつにしたいメンバーの想いが込められている。

ミュージックビデオでは、八百万の神など日本古事記から伝わる“八”という縁起の良い数字の形を振り付けに採用。さらにEXILE USAが日本各地で踊って来た“祭り”の振り付けを取り入れ進化させたダンスを披露している。

また、間奏部分でDRUM TAOの圧巻の和太鼓演奏に乗せてUSAとTETSUYAがダンスパフォーマンスを披露しており、終始目が離せない。

撮影後にEXILE USAは「まだまだここから世界で踊っていくぞ! という決意を改めて教えてくれた作品であり、世界に出るときに「これが自分たちの作った日本の新しいダンス(踊り)なんだ」という作品が出来あがりました」と自信をのぞかせた。

EXILE TETSUYAは「ぜひ、このミュージックビデオを海外の方々にも観てもらい日本にも素敵な“音楽”と“ダンス”があるんだなというのを伝えていければ良いです」とコメント。

また、ボーカルのShizukaは「古くから愛されている楽器と今のダンスミュージックが融合されて、懐かしさと新しさの両方を感じ取れればうれしいです」とコメントしている。

長年“ネオジパング”という構想を思い描き、自身の国の楽器やサウンドを取り入れ、世界中の人たちが踊りたくなるようなダンスミュージックを作りたいと願ってきたUSAの長年の想いが詰まった1枚。まさに“NEO ZIPANG”=新しい日本の音楽がここに誕生した。

※「EXILE USA」の「U」は、ウムラウト付きが正式表記。

リリース情報
2016.08.03 ON SALE
DANCE EARTH PARTY feat.banvox+DRUM TAO
SINGLE「NEO ZIPANG ~UTAGE~」

DANCE EARTH PARTY OFFICIAL WEBSITE
http://avex.jp/dep/

DANCE EARTH OFFICIAL WEBSITE
http://www.dance-earth.com/

最終更新:7月14日(木)13時13分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。