ここから本文です

【インドネシア】ポケモンGO、公式リリース前も人気の兆し

NNA 7月14日(木)8時30分配信

 「ポケットモンスター」のグッズ販売などを手がけるポケモン(東京都港区)などが手掛けるモバイル端末向けゲームアプリ「ポケモンGO」は、インドネシアでのサービス開始前にもかかわらず若者を中心に人気を集めている。同アプリは先週、米国、オーストラリアとニュージーランドのみでリリースされたが、インドネシアでも非正規ルートでダウンロードした多くの利用者がいるとみられる。13日付地元各紙が報じた。
 同アプリは、ポケモンが任天堂、米ナイアンティックと共に開発した。ダウンロードは無料でアプリ内課金を取り入れている。
 中国のインターネット検索大手の百度(バイドゥ)が4月に発表した、ドイツ系市場調査会社GfKインドネシアとの共同調査によると、インドネシアでの2015年のアプリ販売額は1億1,820万米ドル(約123億円)。18年には2億米ドルまで拡大する見通しだ。アプリ種類別のダウンロード状況は、ゲームが38%、メッセージ関連が27%、ソーシャルメディアが19%だった。

最終更新:7月14日(木)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。