ここから本文です

【NFL】ビルズDEダレウス、「ブレイディ抜きのペイトリオッツ戦は残念」

NFL JAPAN 7月14日(木)16時54分配信

 現地13日、ニューイングランド・ペイトリオッツのクォーターバック(QB)トム・ブレイディが出場停止処分の撤回を求めた控訴が退けられ、ペイトリオッツは開幕4試合をブレイディ抜きで戦うことが濃厚に。だが第4週でペイトリオッツと対戦するバッファロー・ビルズのディフェンスタックル(DT)マーセル・ダレウスはブレイディ不在を嘆いている。

 ダレウスは13日、NFLネットワークの『Total Access』にて「ペイトリオッツとの対戦は待ちきれない楽しみなんだ。ブレイディがそこにいないことを自分は残念に思う」とコメント。「ビルズが勝つのは構わない。でも俺はブレイディを倒すまで本当の意味で勝ったとは感じられないんだ。ブレイディとの対戦が大好きだからね」と語っていた。

 ちなみにダレウスは過去にペイトリオッツと9試合に渡って対戦(ビルズの8敗)。通算で14タックル、1.5サックに抑え込まれている。レックス・ライアンHCが就任した昨季もペイトリオッツ戦では計2タックルでサックなしだった。

<バッファロー・ビルズ>

最終更新:7月14日(木)16時54分

NFL JAPAN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。