ここから本文です

【タイ】世界の航空会社番付、2社がトップ20入り

NNA 7月14日(木)8時30分配信

 英調査会社スカイトラックスが12日に発表した世界の航空会社番付(2016年)で、タイからはタイ国際航空とバンコクエアウェイズがトップ20位入りした。それぞれ前回調査から順位を上げた。
 タイ国際航空は13位(前回19位)に、バンコクエアは20位(23位)にランクインした。タイ国際航空は「過去1年で最も改善が著しい航空会社」としての評価も受け、バンコクエアは2年連続で「世界最高の地域の航空会社」となった。
 東南アジア諸国連合(ASEAN)をベースとする航空会社では、シンガポール航空が3位(前回2位)、インドネシアのガルーダ・インドネシア航空が11位(8位)に食い込んだ。マレーシアの格安航空会社(LCC)、エアアジアは23位(25位)となった。
 日系では、全日本空輸(ANA)が5位(7位)に順位を上げ、日本航空(JAL)は前年と同じ21位だった。

最終更新:7月14日(木)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。