ここから本文です

「6才のボクが、大人になるまで。」リチャード・リンクレイターの最新作が今秋公開

映画ナタリー 7月14日(木)6時0分配信

「6才のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレイターによる最新作「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」が、東京・新宿武蔵野館ほか全国で今秋公開される。

本作は1980年代を舞台に、野球推薦で大学に入学することになった主人公・ジェイクの恋と青春、そして成長を描く物語。テレビドラマ「glee / グリー」のブレイク・ジェナー、「ロード・トゥ・パーディション」のタイラー・ホークリンらがキャストに名を連ねる。リンクレイターは本作について「(『6才のボクが、大人になるまで。』で描いた)12年間の続きになるような、大人の扉を開けるひと時を描いている」と語っている。

なお「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」は、東京・新宿シネマカリテで開催される「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」のオープニング作品として7月16日にも上映される。



(c)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:7月14日(木)6時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。