ここから本文です

沖縄の社長は地元ばかり 「高い失業率が起業させる」

琉球新報 7月14日(木)9時51分配信

 東京商工リサーチが12日に発表した全国社長出身地調査によると、地元出身者が地元企業の社長を務める「地元率」が沖縄は6年連続トップとなった。都道府県で唯一9割を超え、94・26%を記録した。東京商工リサーチは「地理的条件に加え、全国平均より高い失業率が地元での開業率を高める状況が続いている」と分析した。2番目に高いのは愛知の89・78%で、北海道の87・97%が続いた。

 社長の出身地は東京の7万8925人が最多で、沖縄は1万1881人で31位だった。最下位は島根の7163人。社長輩出率は2年連続で徳島がトップで1・37%を記録した。沖縄は25位の0・84%だった。

 調査は2010年から実施し、今回で6回目。東京商工リサーチの企業データベース280万社から抽出し、集計した。

琉球新報社

最終更新:7月14日(木)9時53分

琉球新報