ここから本文です

目覚まし時計のようにカーテンを自動で開くスマート家電が発売 太陽光による心地よい目覚めを提供

ねとらぼ 7月14日(木)8時10分配信

 精密機器の製造・販売を手掛けるロビットが、カーテン自動開閉機「めざましカーテン mornin'」を発売しました。専用のスマートフォンアプリで指定した時間が来ると、自動でカーテンをオープン。太陽光を部屋に入れて、気持ち良く起こしてくれます。

【カーテンレールの溝に差し込んで設置するところ】

 カーテンレールに本体の金具を差し込んで使用。専用アプリで指定した時間になるとローラーで横へ移動し、カーテンをたぐって開く仕組みです。移動量はアプリで設定できるので、カーテンレールの長さに合わせて調整可能。アプリからのリモコン操作で、手動で開閉することもできます。

 眠気の元となるホルモン「メラトニン」の分泌を、太陽光が抑制することに注目して開発されたもの。メラトニンは朝7時ごろに多く、アラームなどで無理矢理起きると蓄積されたままで、ウトウトした状態になってしまいます。しかし、メラトニンは照度2500ルクス以上の光を浴びると減少。太陽光の照度は曇天時でも1万ルクス以上とされており、眠気を飛ばすには十分です。

 現在は発売を記念し、3985円(税込)の特別価格で販売中。専用アプリはiOS 8.3以上、Android 5.0以上の端末に対応しています。

(沓澤真二)

最終更新:7月14日(木)8時10分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]