ここから本文です

朴大統領、きょうASEM出席のためモンゴルへ出国

WoW!Korea 7月14日(木)10時31分配信

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が14日、第11回アジア欧州会合(ASEM)に首席するため出国する。

 朴大統領はこの日から来る18日まで5日間、モンゴルの首都であるウランバートルに滞在し、ASEM出席(15~16日)や公式訪問日程(17~18日)を消化する予定だ。

 朴大統領はアジア・欧州51か国の首脳や閣僚級の人々と発足20周年を迎えたASEMの成果やビジョンはもちろん、北朝鮮の核問題を含む主要地域・国際問題を協議するものとみられる。

 何より今回のASEMではTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)をはじめ、南シナ海領有権問題、英国の欧州連合撤退など先鋭した国際的な懸案が並んでおり、朴大統領の多国間外交力が再び試される。

 特にTHAADの朝鮮半島配置決定とオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所(PCA)の南シナ海判決が出た直後に関連する首脳らが集まる場となるだけに、当事国間の神経戦が予想される。

最終更新:7月14日(木)10時31分

WoW!Korea