ここから本文です

都知事選が告示 鳥越・増田・小池氏ら第一声 最多21人が立候補

THE PAGE 7/14(木) 18:00配信

 舛添要一前東京都知事の辞職に伴う都知事選が14日、告示された。過去最多となる21人の新人が立候補し、都内各地で第一声を上げた。投票は31日で即日開票される。

【動画】都知事選 鳥越・増田・小池氏ら各候補が第一声

 選挙戦は、民進、共産、社民、生活が推薦し、野党4党の統一候補であるジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)、自民、公明、こころが推薦する元総務相の増田寛也氏、自民党の元防衛相、小池百合子氏の3氏を中心に展開されるとみられる。

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=rPXf5M61ep4
 鳥越氏は新宿駅前で第一声。「住んで良し、働いて良し、環境に良い東京を実現する。(私が当選すれば)初めて東京都民に耳を傾ける知事ができる」と述べた。

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=XSvEZ8Bz1Vw
 増田氏は半蔵門の事務所前で「都政の混乱に終止符を打つ。待機児童問題では、就任後1か月以内に地域別プログラムをつくる」と述べた。

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=3JRLzG-a6XA
 小池氏は池袋駅前で、「1人の人間として、組織のしがらみを越えて、まい進していく。東京を大改革し、都民のための都政を取り戻したい」と述べた。

 そのほか午後5時までに18人が届け出て、過去最多となる計21人が立候補した。

期日前投票

期日前投票は、7月15日(金)から投票日前日の30日(土)までの16日間、午前7時から午後8時まで、指定の投票所で可能。
・期日前投票所の一覧(http://www.h28tochijisen.metro.tokyo.jp/vote/earlyvoting/)

最終更新:7/14(木) 20:17

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。