ここから本文です

金爆、念願の“4人揃って映画初出演”を果たす! 『HiGH&LOW』

cinemacafe.net 7月14日(木)16時0分配信

いよいよ公開を今週7月16日(土)に控えた『HiGH&LOW THE MOVIE』。LDH所属の俳優・アーティストをはじめ、多彩な豪華キャストが登場していることでも話題だが、中でも「ゴールデンボンバー」のメンバー4人が、本作で念願の“4人揃っての映画初出演”を飾っていることにも注目だ。

【写真】『HiGH&LOW』ビジュアル

「SWORD」地区――。「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」5つのチームが拮抗していることから頭文字をとってそう呼ばれていた。その地区に伝説の男が戻ってくるところから物語は始まる。とある事件を機に表舞台から姿を消していた、チーム「ムゲン」の総長・琥珀(AKIRA)である。SWORD地区の支配を目論む李(V.I)と手を組んだ琥珀は、湾岸地区のチーム「MIGHTY WARRIORS」、TOWN地区の「DOUBT」を引き連れ急襲、日常は脆くも崩れ去る。かつて自らが慕った琥珀、そして琥珀率いる総勢500人の大群を前に、山王連合会のコブラ(岩田剛典)、ヤマト(鈴木伸之)は立ち上がる。SWORD各チームもそれに呼応、そこに琥珀と並び最強と称された雅貴(TAKAHIRO)、広斗(登坂広臣)ら雨宮兄弟も参戦、過去から未来へ、いまSWORD地区は未曾有の事態へと突入する…。

ドラマ、配信、コミック、SNS、オリジナルアルバム、ドームツアー、そして映画と、数多のメディアやエンタテインメントを巻き込み展開する、世界初のビッグプロジェクト「HiGH&LOW」。20週連続で解禁しているスペシャルトレーラーも大反響を呼び、また「HiGH&LOW ORIGINAL BEST ALBUM」も先月リリースされ、映画公開に向けてますます機運が高まっている。さらに、「EXILE」「三代目J Soul Brothers」のメンバーや、LDH所属の俳優・アーティストが勢揃いで出演するのはもちろんのこと、林遣都、窪田正孝、前田公輝、井浦新、小泉今日子、YOUら邦画界を背負う一流のキャストが集結していることでも話題だ。

中でも、鬼龍院翔、喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二からなる「ゴールデンボンバー」は、本作のドラマ版「HiGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」で追加キャストとして名を連ね、黒木啓司演じるROCKYがリーダーを務める組織「White Rascals」という白ずくめのスカウト集団の一員で、4人揃ってのドラマ初出演を飾り注目を集めた。彼らは、傷ついた女性たちを守ることを信条とする別名、“誘惑の白き悪魔”とも呼ばれ、SWORD地区の繁華街に女性を斡旋するのが仕事だが、彼女たちに乱暴をふるう客や搾取する店などは絶対に許さないといった顔を持ち合わせている。リーダーのROCKYとは対照的に軽口を叩き、いつも行動を共にする4人。迷路のような繁華街を熟知した役柄でROCKYの側近と言っても過言では重要な役どころを熱演している。

7月4日に行われた完成披露プレミアイベントにも4人揃って登壇した「ゴールデンボンバー」。舞台上では、鬼龍院さんにマイクが渡ると「元気ですかー!?」と猪木風に挨拶し会場を盛り上げた。そして、後ろに立っていた樽美酒さんがノーメイクでサングラスをかけながら、ステージの前まで歩き出すと、鬼龍院さんが「皆様の前で失礼だろ! サングラス外せよ!」とすかさずツッコミ。観客は素顔が観られるのでは…!? と、悲鳴にも似た歓声が飛び交い会場の視線を独り占め。いざサングラスを外すと、目の周りが黒インクで塗り込まれており、サングラスをしているかのようなメイクが施され、結局素顔を拝むことはできず…。でも、駆け付けた約4,000人の観客は大爆笑! 会場を大いに沸かせていた。

映画では、本作で繰り広げられる壮絶なバトルシーンにも加わっている4人。1,000人の大乱闘が繰り広げられる中、4人はどのようなバトルを繰り広げるのか? “金爆”ファンにも見逃せない作品となりそうだ。

『HiGH&LOW THE MOVIE』は7月16日(土)より全国にて公開。

最終更新:7月14日(木)16時0分

cinemacafe.net