ここから本文です

浦和興梠、後半48分劇弾!さすがの決定力に手倉森監督も満足

デイリースポーツ 7月14日(木)6時59分配信

 「J1、仙台0-1浦和」(13日、ユアテックスタジアム仙台)

 最後の一振りで鬼門を打ち砕いた。0-0の後半48分、浦和MF柏木陽介の縦パスに抜け出したFW興梠慎三が「1本のチャンスを絶対決めたかった」と、自身唯一のシュートで決勝のゴールネットを揺らした。

 リオ五輪代表のオーバーエージ枠としても期待が高まる。視察した手倉森監督は「いい置き土産になった。(興梠)慎三を選んだのは、レッズの連係を代表でも取り込みたいと思ったから」と満足そうにうなずいた。

 興梠は13年の浦和加入以来、アウェー仙台戦で4試合7得点とキラーぶりを発揮。チームにとって03年9月以来となる敵地での勝利で、ペトロビッチ体制初の5連勝に導いた。

 17日の大宮戦(埼玉)を最後に、五輪事前合宿のためチームを離れる。「気持ち良く勝って行きたい」と、埼玉ダービーでの勝利を誓った。

最終更新:7月14日(木)7時22分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]