ここから本文です

マット・デイモン、ジェイソン・ボーン役を卒業することに抵抗なし

映画.com 7月14日(木)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 人気シリーズ最新作「ジェイソン・ボーン」で主人公を演じるマット・デイモンが、ジェイソン・ボーン役を若手俳優に譲る用意があることを明らかにした。ハリウッド・レポーター誌が報じている。

 ジェイソン・ボーンは、ロバート・ラドラムが生み出した記憶喪失の暗殺者。デイモンは、「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」、そして最新作「ジェイソン・ボーン」で主人公を演じている。

 同シリーズはリアリティたっぷりの激しいアクションで知られるため、9年ぶりの新作に臨んだデイモンは「29歳のときに比べたら、45歳となった今のほうが難しい」と告白。そのうえで、「自分もいつか若いジェイソン・ボーンに交代させられるだろう。どの役者にも起きることだ。最近はこういう映画がリブートされるからね。ぜんぜん構わないよ」と若手にバトンタッチする気持ちがあることを明かした。

 デイモンは、シリーズ第4弾「ジェイソン・ボーン」出演に際し、「ボーン・スプレマシー」と「ボーン・アルティメイタム」を手掛けたポール・グリーングラス監督の続投を条件にしたことで知られている。「僕が自分の意見を通そうとするのは、自分が関わる作品に対してだけだよ」。

 「ジェイソン・ボーン」は、10月7日に公開。

最終更新:7月14日(木)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。