ここから本文です

【予告編】“動くログハウス”の全貌が明らかに!? 『グッバイ、サマー』

cinemacafe.net 7月14日(木)16時45分配信

『エターナル・サンシャイン』 『恋愛睡眠のすすめ』『ムード・インディゴ~うたかたの日々~』など、創造性と遊び心に満ちた独特の世界観で絶大な支持を得るミシェル・ゴンドリー監督の自伝的青春ストーリー『グッバイ、サマー』。この度、本作の予告編が到着した。

【写真】『グッバイ、サマー』場面写真

14歳。子どもでもない、大人でもない狭間の時期。画家を目指すダニエルは沢山の悩みを抱えていた。中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトからミクロ(チビ)と呼ばれて馬鹿にされており、恋するローラにはまったく相手にされていない。おまけに母親は過干渉で、兄貴は暴力的なパンク野郎だ。誰も本当の自分を理解してくれない…。

そんなある日、ダニエルのクラスに変わり者の転校生がやってくる。名前はテオ。目立ちたがり屋で、自分でカスタマイズした奇妙な自転車を乗り回し、趣味の機械いじりのせいでガソリンの匂いを漂わせている。周囲から浮いた存在のダニエルとテオは意気投合し、やがて親友になっていく。学校や家族、そして仲間たち、みんなが2人を枠にはめて管理しようとしてくる。息苦しくうんざりするような毎日を脱出するため、彼らは“ある計画”を考え付く。それは、スクラップを集めて自分たちで“夢の車”を作り、夏休みに旅に出ることだった――。

本作は、14歳の少年2人が、夏休みに“動くログハウス”で旅する初々しいロードムービー。キャストには、女の子のような容姿で周囲に馬鹿にされてしまうダニエル役に、アンジュ・ダルジャン、変わり者の転校生・テオ役にはテオフィル・バケといったオーディションで選ばれた“新星”が演じるほか、『アメリ』のオドレイ・トトゥが主人公の母親役で出演。ゴンドリー監督は本作にてついて「この映画は、100%僕の思い出からできている。人のアイディアや原作ものではなくて、僕の思い出、僕が体験したことや、僕が覚えていることを基に冒険したかったんだ」と話し、自身の少年時代が垣間見える青春ロードムービーとなっていることを伺わせた。

このほど解禁されたのは、女の子のような見た目に悩むダニエルと、変わり者の転校生・テオが出会い、そして親友になるところから始まる予告編。「俺たちだけで車を作るのさ」と、“動くログハウス”を自作するシーンを中心に、少年時代のきらめきと大人の扉を開ける少年たちの甘酸っぱい青春の一面が散りばめられた映像に仕上がっている。


まるでケストナーの「飛ぶ教室」を思わせるような、2人の青春の日々をまずはこちらから覗いてみて。

『グッバイ、サマー』は9月10日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテほか全国にて公開。

最終更新:7月14日(木)16時45分

cinemacafe.net