ここから本文です

プリンスさん死がきっかけ…米歌手がリハビリ施設に入所

シネマトゥデイ 7月14日(木)10時0分配信

 R&B歌手のチャカ・カーンが姉妹で、処方せん薬依存症の治療のためリハビリ施設に入所したと New York Post などが報じた。

亡くなったプリンスさん【写真】

 決断するきっかけとなったのは、同じフェンタニル(鎮痛や麻酔に使われる強力な合成麻薬)依存によるプリンスさんの死だったという。

 「残念ながら、夏に出演予定だったコンサートを欠席することになります。でも、大事なことは、わたしが自分の健康と幸せを第一に考えたことです。ファンの中にはがっかりする人もいると思いますが、同時に彼らはわたしが回復し、健康になってほしいと望んでくれると思います。わたしたち(妹のイボンヌ・スティーヴンスと自分)は一緒に治療の道を歩むことにし、お互いを励ましながら回復に向かおうと決めました。プリンスの悲劇的な死によって、わたしたちは自分たちの人生と大事なことを見つめ直したのです。そして、自分たちの命を救うために行動を起こすときだと認識しました。わたしと妹はみなさんのサポート、愛、祈りに心から感謝しています」とチャカは声明を出している。

 4月に亡くなったプリンスさんは、フェンタニルの過剰摂取が原因で亡くなったと報じられている。(澤田理沙)

最終更新:7月14日(木)10時0分

シネマトゥデイ