ここから本文です

MCオファー殺到 もっとも旬な芸人・フットボールアワー後藤輝基

リアルライブ 7月14日(木)20時40分配信

 お笑いコンビ、フットボールアワーの後藤輝基へのオファーが殺到しているという。

 フットボールアワーの後藤は、NSCの14期生。1999年4月にNSCの同期で友人でもあった岩尾望とコンビを結成。当初は顔面にインパクトのある岩尾の影に隠れる存在であったが、今ではピンでのMCが増え、スタッフがもっとも使いたい芸人とも言われるようになった。

 使いたくなる大きな理由はギャラと実力のバランスである。もっともコストパフォーマンスの良いMCこそが後藤なのだ。ベテラン過ぎず、若手過ぎず。まさに旬である。スマートつっこみ。たとえつっこみ。そう呼ばれるつっこみセンスはもちろんのこと、経験を積んだことでMCとしても一流と言えるような存在になった。

 MCの実力以外で話題になるのは、その運動神経と母親である。運動神経はまったくのゼロでそれもネタにされることが多い。一方、母親は、息子の仕送りで、50歳をすぎてプチ整形。弁も立つことでテレビ番組にも何度か出演したことも。

 また、後藤といえば、HKT48の指原莉乃の存在を忘れてはならない。「HKT48のおでかけ!」(TBS)と「今夜くらべてみました」(日本テレビ)で共演。男女のMCが別の局でMCを担当するのはかなり珍しい例だ。ちなみに、「HKT48のおでかけ!」では、かなりマニアックなHKT48のメンバーにも詳しくなり、現在のお気に入りは、松岡はなである。後藤の後押しもあったのか、松岡は次期シングルのセンターを任されることになった。すっかり立派なHKT48の“ヲタ”になっている。

 今後もテレビで、後藤を見る機会は増えていくことだろう。

最終更新:7月15日(金)14時48分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。