ここから本文です

インド新車販売、3%増の28万台…12か月連続増 6月

レスポンス 7月14日(木)11時0分配信

インド自動車工業会は7月11日、インド国内の6月の新車販売の結果をまとめた。乗用車と商用車を合わせた総販売台数は、27万9486台。前年同月比は3%増と、12か月連続で前年実績を上回った。

画像:各社のインド主力車

6月実績をメーカー別で見ると、インド乗用車市場で3割を超えるトップシェアを握るスズキのインド子会社、マルチスズキが、インド国内で9万2133台を販売。前年同月比は10.2%減と、26か月ぶりのマイナス。5月末、インド・マネサールで起きた部品メーカーの火災事故を受けて、インド国内2工場が操業を一時的に停止した影響が出た。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『セレリオ』『スイフト』『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)『ディザイア』『バレーノ』などが、合計で7万2551台を販売。前年同月比は16.3%減と、4か月ぶりのマイナス。SUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントでは、小型MPVの『エルティガ』や新発売の『Sクロス』を含めて、6月はセグメント合計で9708台を販売。前年実績に対して75.5%増と伸び、14か月連続で増加した。これは、新型SUV『ヴィターラ・ブレッツァ』投入の効果。

トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)が発表した6月のインド国内新車販売台数は、1万4854台(輸出を含む)。前年同月比は20%増と、2か月連続で前年実績を上回った。6月実績の1万4854台の内訳は、インド国内販売分が1万3502台。前年同月比は29%増と、2か月連続のプラス。5月に発売した新型ミニバン、『イノーバ クリスタ』の効果が大きい。

ホンダのインドにおける四輪車生産販売会社、ホンダカーズインディアリミテッドが公表した6月のインド新車販売台数は、1万1407台(輸出を除く)。前年同月比は38%減と、8か月連続の前年割れ。小型セダンの『シティ』が3581台で、9か月連続の最量販車に。4月にインド市場に投入されたばかりの新型SUV、『BR-V』は3064台を販売している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月14日(木)11時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]