ここから本文です

ソラコムがグローバルSIMで海外展開を開始、2つの新サービスも

@IT 7月14日(木)6時10分配信

 IoTプラットフォームを提供するソラコムは2016年7月13日、世界120カ国を超えるグローバル対応を発表、またネットワークセキュリテイとIoT端末へのリモートアクセスで新サービスをリリースした。

 ソラコムのIoTプラットフォームサービスは拡大を続けている。同社は顧客数が3000を超えたと発表した。

 日本企業のグローバルなIoT展開には、当然グローバルなサービスが必要になる。ソラコムは今回、グローバルSIMの提供開始を発表した。これは日本以外での利用に特化した国際ローミングが可能なSIMで、北米、欧州、アジアを中心に120カ国以上で使えるという。一方、例えばアフリカは、現時点で大部分がカバー範囲から外れているため、今後対応していきたいとしている。

 モバイル通信を使ったサービス機能を製品に組み込みたいユーザー企業は、日本以外については製品をどの国に出荷する場合でも、このグローバルSIMを搭載すればいい。通信の有効化や無効化は、個々のSIMについて管理コンソールあるいはAPI経由で実行できるため、例えば製品の販売と同時に有効化するといったことが可能になる。

 料金体系は、大まかには国内向けの既存サービスと同じ。1枚単位の発行手数料、基本利用料金、従量料金で構成される。だが、当面は時間帯、上り下り、速度クラスに応じた料金の違いは設定しない。また、国際ローミングSIMではよく見られることだが、接続国を3つのゾーンに分け、これによって料金レベルを変えている。また、料金は米ドル建てとなる。

 料金表は7月13日時点で公表されている。グローバルSIMは、まず「PoCキット」として、30枚をセットとし、6カ月間の基本料金および300ドル相当の利用料金をパッケージしたものを提供する。1枚単位での発行開始時期については、ユーザーの意向を受けて検討するという。

 海外における利用をサポートするには、Amazon Web Services(AWS)の海外リージョンでのパケット交換サービスの稼働が欠かせない。ソラコムでは7月13日、AWSフランクフルトリージョンで、同サービスの稼働を正式に開始した。印刷機械の小森コーポレーションは、欧州で印刷機械を接続、稼働データを取得して付加価値ソリューションを提供するための検証を進めているという。

 また、ソラコムは7月6日に、未来創生ファンドからの資金調達を発表したが、このファンドに出資しているトヨタと KDDIは、2社が推進するコネクティッドカー向けグローバル通信プラットフォームにおけるSORACOMサービス利用について、協議を進めていくと発表した。2016年度中に、一部地域で技術検証を予定しているという。

 日本企業の海外活動サポートに加え、ソラコムは海外企業へのマーケティング活動を進めている。シンガポールと欧州には現地法人を設立済み。米国でも設立に向け準備を進めていくという。

●新サービス、「Door」と「Gate」とは

 ソラコムが同時に発表した新サービスは、インターネットVPN接続の「SORACOM Door」と、デバイスへのリモートアクセスサービス「SORACOM Gate」の2つ。

 SORACOM Doorは、他のデータセンターやユーザー拠点との間でのプライベートな接続を、安価に提供するサービス。AWSの機能を活用している。すなわちAWSでは、VPCへのプライベート接続を、基本的にはIPsec VPNと専用線接続の2通りで提供している。ソラコムは、専用線接続については「SORACOM Direct」というサービスを既に提供している。もう一方のIPsec接続を提供するのが今回のSORACOM Door。このため、顧客は、AWS認定のIPsecルータを用いることで、SORACOMサービスにプライベート接続できる。

 もう1つのSORACOM Gateは、SORACOMサービスで接続されているIoT端末に対し、顧客拠点や他のデータセンターから、レイヤ2で接続できる機能。例えばネットワークカメラのリモートメンテナンスをしたい場合、遠隔拠点からカメラにプライベートIPアドレスで直接アクセスできる。

 Gateでは、SORACOMサービスのVirtual Private Gateway(VPG)と顧客拠点をVXLANで接続する。VPGには各端末用に、顧客拠点のプライベートIPアドレスレンジに基づいたプライベートアドレスを割り当てられる。一方、IoT端末側には固定プライベートIPアドレスを付与できる。VPGでは、この2種類のプライベートIPアドレスの間の変換を実行する。管理コンソールでは、各端末に割り当てられた固定IPアドレスとVPG上で割り当てられているIPアドレスのひも付けを管理できる。

最終更新:7月15日(金)7時17分

@IT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]