ここから本文です

バルサが3人目の補強 仏代表DFディーニェを約19億円

ISM 7月14日(木)17時7分配信

 バルセロナ(スペイン)は現地時間13日(以下現地時間)、パリSG(フランス)からフランス代表DFルーカス・ディーニェ(22)を5年契約で獲得したことを発表した。移籍金は1650万ユーロ(約19億1000万円)で、成績に応じて400万ユーロ(約4億6000万円)が上乗せされる。

 左サイドバックを主戦場とするディーニェは、昨季はローマ(イタリア)に期限付き移籍していた。今夏行なわれたEURO2016にも参加したが、出場機会はなかった。

 バルサは今夏、すでにビリャレアル(スペイン)からMFデニス・スアレス、リヨン(フランス)からDFサミュエル・ウムティティを獲得しており、ディーニェが3人目の新戦力。ウムティティとディーニェには、ダニエウ・アウヴェス、マルク・バルトラが移籍したDFラインの再建に貢献することが求められる。

最終更新:7月14日(木)17時8分

ISM