ここから本文です

米津玄師がルーヴル美術館特別展にイラスト出展、グッズも販売

音楽ナタリー 7月14日(木)8時0分配信

7月22日~9月25日に東京・森アーツセンターギャラリーで行われる展覧会「ルーヴル美術館特別展『ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~』」にて、米津玄師が描き下ろしたイラストが特別出展されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ルーヴル美術館特別展『ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~』」は、ルーヴル美術館をテーマに、フランス国内外の著名なマンガ家たちが描き下ろしたイラストが出展されるというもの。米津はこの展示会のオフィシャルイメージソングとして新曲「ナンバーナイン」を書き下ろしている。マンガ家という夢もあったという米津は自身の描いたイラストが名だたるマンガ家たちの作品と共に展示されることについて、「僕の絵が偉大な漫画家達と同じ空間に展示されるという事で、とても恐れ多かったのですが、自分なりにやれるだけの事はやろうと思い、この絵を描きました」とコメントした。

さらに米津の描き下ろしイラストを使用したオリジナルグッズが展示会場で販売されることも決定。スカーフやレザーペンケースなど、6種類のグッズがラインナップされている。さらに会場音声ガイドにて、「ナンバーナイン」のフル試聴ができることも発表された。

ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」
2016年7月22日(金)~9月25日(日)OPEN 10:00 / CLOSE 20:00(※入場は19:30まで)

最終更新:7月14日(木)8時0分

音楽ナタリー