ここから本文です

速報! Windows Server 2016の正式リリースは2016年9月末に

@IT 7月14日(木)6時10分配信

●Microsoft Igniteカンファレンスに合わせて正式リリース

 2016年7月12日(米国時間)、マイクロソフトは公式ブログで、Windows Serverおよびシステム運用管理製品の次期バージョンとなる「Windows Server 2016」と「System Center 2016」の正式リリース時期を明らかにしました。

【その他の画像】Azure Stack TP1のサンプル画面

 Windows Server 2016とSystem Center 2016は、2016年9月26日~30日(米国時間)に米アトランタで開催される、ITプロフェッショナル向けの大型カンファレンス「Microsoft Ignite」の期間中に正式リリースとなります。2015年末の時点で、正式リリースは2016年第3四半期(7月~9月)の予定と明らかにされていたので、予定通りのリリースとなります。

●6つのエディションを用意、Nano ServerにはSAが必要に

 Windows Server 2016の製品ラインアップは、Standard、Datacenter、Essentialsの主要エディションを含む以下の6つが用意されます。

○Windows Server 2016のエディション

・Windows Server 2016 Standard(コアベースライセンス)
・Windows Server 2016 Datacenter(コアベースライセンス)
・Windows Server 2016 Essentials(プロセッサベースライセンス、50ユーザーまで、CAL不要)
・Windows Server 2016 MultiPoint Premium Server(教育機関向けボリュームライセンスのみ)
・Windows Storage Server 2016(OEMライセンスのみ)
・Microsoft Hyper-V Server 2016(無償ダウンロード提供)

 Windows Server 2016のインストールオプションは以下の3つで、Technical Preview 5(TP5)と同じです。また、TP5から変更がなければ、Windows Server 2012 R2以前は可能だった「GUIインストール」と「Server Core」のインストール後の切り替えはできなくなります。

○Windows Server 2016のインストールオプション

・Server with Desktop Experience
・Server Core
・Nano Server

 「Server with Desktop Experience」と「Server Core」インストールは、これまでのWindows Serverと同様に「5年のメインストリームサポート」と「5年の延長サポート」が提供されます。マイクロソフトは、このサポートライフサイクルを「Long Term Servicing Branch(LTSB)」と呼んでいます。Windows 10 Enterprise LTSBと同じサポートモデルになります。

 「Nano Server」はLTSBではない、通常のWindows 10に近いサービスモデルで提供されます。Nano Serverは「Current Branch for Business(CBB)」として年に2~3回の機能アップデートが提供され、同時に2つ(最新および1つ前)のリリースがサポート対象となります。

 Nano Serverが通常のWindows Serverよりも短いサイクルで継続的にアップデートされるのは、「開発サイクルの短いアプリケーションのためのプラットフォーム」であるという位置付けだからでしょう。

 Nano Serverは対話的なインストーラーは持たないため、イメージベースで展開します。Nano Serverの新しいリリースがWindows Updateで提供されるのか、新しいイメージとして提供されるのかは明らかにされていません。イメージとして提供されるとしても、Nano Serverなら短時間で展開できます。「Windowsコンテナ」のベースイメージとしてならもっと簡単です。

 Nano Serverに関しては、もう1つ重要な発表がありました。運用環境にNano Serverを展開して稼働するためには、Windows Serverの「ソフトウェアアシュアランス(SA)」が必要になることが今回明らかにされました。

●Azure Stackは2017年中頃にCPSとして提供

 Microsoft Azureの新しいポータルと機能をオンプレミスで実現する「Azure Stack」は、現在、Technical Preview 1(TP1)が提供されていますが、こちらの正式リリースは2017年中頃と発表されました。

 Azure Stackの正式リリースは「Microsoft Cloud Platform Solution(CPS)」に含まれる形で提供されることが明らかにされました。

 CPSは、マイクロソフトがハードウェアベンダーとともに提供する、ハードウェア一体型のターンキーソリューションです。現在は、Azureクラシックポータルの機能を提供する「Windows Azure Pack」を組み込んだCPSが提供されていますが、そのAzure Stack版が提供されるということです。Windows Azure Packでは可能ですが、顧客が独自にAzure Stackでプライベートクラウドを構築するというオプションは提供されないようです。

●筆者紹介 山市良:岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。

最終更新:7月14日(木)6時10分

@IT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]