ここから本文です

逸ノ城4連勝!元怪物復活の雄叫び、地響き立て一気

デイリースポーツ 7月14日(木)6時59分配信

 「大相撲名古屋場所・4日目」(13日、愛知県体育館)

 逸ノ城が、勢を寄り切って初日から4連勝とした。綱とりの大関稀勢の里は隠岐の海を、横綱白鵬も栃煌山を寄り切って、ともに4連勝。かど番の大関照ノ富士は関脇栃ノ心を寄り切って全勝を守った。大関琴奨菊は4連敗。十両2場所目の宇良は大輝を引き落として4連勝とした。

 地響きを立てて、元怪物が復活の雄たけびを上げた。逸ノ城は鋭く踏み込んで勢に当たると、瞬時に左上手を引く。間髪を入れずに右を差し、腕(かいな)を返しながら一気の寄り。ブルドーザーのように土俵外へ持っていった。

 初日からの4連勝は春場所以来で、幕内昇進後は3度目。「今場所一番よかった。当たってからすぐに左上手が取れた。攻めが速かった?はい、そうできるように気をつけて取った」と満足そうな笑みを浮かべた。

 新入幕の一昨年秋場所で13勝を挙げ、怪物旋風を巻き起こした。その後、帯状疱疹(ほうしん)や骨盤のゆがみなどに悩まされ、心身ともに不調の時を味わったが、地道な筋力トレーニングや減量で春場所は11勝。再スタートの階段を上り始めた。

 発奮材料もある。母国のモンゴルでは国民的祭典ナーダムの真っ最中。注目のモンゴル相撲で優勝のサンジャーダンバと準優勝のプレブダグワは、ともに逸ノ城と同じアルハンガイ県の出身。「2人に会ったこともある。力をもらった。次は自分が返す番」と完全復活を見据えた。

最終更新:7月14日(木)7時35分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]