ここから本文です

【インド】台湾鴻海、ノキア工場の元従業員を雇用

NNA 7月14日(木)8時30分配信

 台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループ(鴻海科技集団)が、インド南部タミルナド州スリペルンブドゥールの2工場の元従業員を再雇用している。昨年に同地で操業を停止したフィンランドの通信機器大手ノキアの工場の元従業員の雇用にも動いている。新たな勤務地について、フォックスコンの関係者は「(南部アンドラプラデシュ州)スリシティーの特別経済区(SEZ)だ」と説明した。PTI通信が12日に伝えた。
 フォックスコンの工場はノキアの工場に部品供給していた経緯があり、ノキアの工場が税問題で閉鎖された後、共倒れになっていた。スリペルンブドゥールのフォックスコンの2工場では2,000人余りが、ノキアの工場では3,000人前後が働いていた。
 フォックスコンは、これら3工場の元従業員を千人単位で新たに雇ったとみられるが、正確な人数は分かっていない。
 スリシティーの工場では、中国のシャオミ(北京小米科技)の端末が生産されている。

最終更新:7月14日(木)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。