ここから本文です

知事「信頼関係できない」 ヘリパッド作業強行、官房副長官に指摘

琉球新報 7月14日(木)12時32分配信

 名護市辺野古の埋め立て承認取り消しを巡る県と国との「作業部会」出席のため来県した杉田和博内閣官房副長官は14日午前、部会に先立ち、県庁に翁長雄志知事を訪ねた。参院選翌日からの政府による米軍北部訓練場ヘリパッド建設に向けた作業強行に触れ、翁長知事は「こういうやり方では信頼関係はできない」と伝えた。作業部会後、安慶田光男副知事が記者団に説明した。
 安慶田副知事によると、翁長知事は10日の参院選を含め辺野古移設が争点となった県内主要選挙で、反対を掲げたオール沖縄系候補者が当選していることを挙げ「あくまでも辺野古には基地を造らせないというのが沖縄の民意だ」と杉田氏に伝えたという。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:7月14日(木)12時32分

琉球新報