ここから本文です

“プレイステーション VR”7月23日より国内予約を再開、“プレミアムメールマガジン登録者限定 PS VR抽選購入キャンペーン”も実施決定

ファミ通.com 7月14日(木)13時21分配信

●抽選で500名様にPS VR購入権が当たるキャンペーンを実施
 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、バーチャルリアリティシステム“プレイステーション VR”について、国内での予約を2016年7月23日(土)よりソニーストアをはじめ一部の販売店様の店舗やECサイトにて再開することを発表した。

 以下、リリースより。

----------

PlayStation4専用バーチャルリアリティシステムPlayStation VR
2016年7月23日(土)より日本国内の予約を再開
 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア※1(SIEJA)は、「プレイステーション4」の魅力を高め、ゲーム体験をより豊かにするバーチャルリアリティシステムPlayStationVR(プレイステーションヴィーアール、以下PS VR)の国内での予約を、2016年7月23日(土)よりソニーストアをはじめ一部の販売店様の店舗やECサイトにて再開いたします。
 ご予約いただける店舗やECサイトについては、PS VR公式サイトをご覧ください。

 また、PS VR公式サイトからご登録いただけるPS VRのプレミアムメールマガジンに、7月22日(金)までにご登録いただいた方を対象に、「プレミアムメールマガジン登録者限定 PS VR抽選購入キャンペーン」を実施いたします。抽選に当選した500名様は、ソニーストアWebサイトにてPS VRを購入いただくことができます。キャンペーン応募手続きは、7月27日(水)に対象者の方全員にお送りするメールから行うことができます。プレミアムメールマガジンにご登録の上、ぜひご応募ください。
 SIEJAは、2016年10月13日(木)の発売に向け、今後もPS VRの魅力を訴求してまいります。

プレミアムメールマガジン登録者限定 PS VR抽選購入キャンペーン
■概要:
「PS VRのプレミアムメールマガジン」に、2016年7月22日(金)までにご登録いただいた方を対象に、抽選で500名様にPS VR購入権が当たるキャンペーンを実施いたします。参加するには、対象者全員に7月27日(水)にお送りするメールから、期間内に応募手続きを完了させることが必要です。
当選者は、ソニーストアWebサイトにて「PS VR」または「PS VR PlayStation Camera同梱版」からお好きな方をお選びいただき、ご購入いただけます。

■キャンペーン対象者:
PS VR公式サイトからご登録いただける「PS VRのプレミアムメールマガジン」に、2016年7月22日(金)23時59分までにご登録いただいた方全員

■スケジュール
・2016年7月27日(水)
 対象者の方に、メールにてキャンペーン応募ページをご案内いたします

・2016年7月27日(水)~2016年8月3日(水)13時00分
 キャンペーン応募受付期間です。期間中にキャンペーン応募ページから応募手続きをご完了ください。

・2016年8月10日(水)
 抽選の上、当選者の方にメールにて当選のご連絡をいたします。



※PS VR の対象年齢は12 歳以上です。12 歳未満のお子様はVR ヘッドセットをお使いいただけません。
※8月10日(水)までに「PS VR のプレミアムメールマガジン」の登録を解除された場合、キャンペーン参加の権利を失います。
※キャンペーン応募・当選ご連絡のメールは「PS VR のプレミアムメールマガジン」にご登録されているメールアドレス宛にお送りいたします。
※キャンペーン応募にはMy Sony ID が必要です。
※キャンペーン応募は、お一人様1 枠限りです。複数アカウントでの申し込みが確認された場合、その方の応募をすべて無効とさせていただきます。
※抽選結果の発表は、当選者の方へのメール通知をもって代えさせていただきます。

(C)Sony Interactive Entertainment Inc. All rights reserved.
Design and specifications are subject to change without notice.

最終更新:7月14日(木)13時25分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。