ここから本文です

藤井フミヤ、2,600名限定の『大人ロック』ライブで“インディーズ宣言”

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月14日(木)18時37分配信

藤井フミヤの4年ぶりとなるオリジナルフルアルバム『大人ロック』の発売を記念し、発売日の7月13日にリリース記念ライブが開催された。

【詳細】他の写真はこちら

この日、会場となったTSUTAYA O-EASTは入場券をゲットした幸運なファンで埋めつくされ、今か今かと登場を待ちわびるステージに、黒いTシャツにジャケット、ダメージパンツという、まさに“大人ロック”なファッションに身を包んだ藤井フミヤが表れると、割れんばかりの歓声が広がった。

ライブはギター、ベース、ドラム、キーボードというシンプルなバンド編成で、アルバム1曲めに収録されている「この空の真下で」からスタート。

立て続けにリード曲である「GIRIGIRIナイト」を披露すると、集まったファンはすでに公開中のミュージックビデオで振り付けをマスターしており、フミヤと一緒に盛り上がるシーンも。

続く3曲め「愛しいゴースト」までアルバム収録順にパフォーマンスをし、この日初めてとなるMCでは、「こんにちは、大人6×9=54の藤井フミヤです。このフレーズは神田正輝さんからいただきました」という挨拶で会場を沸かせた。

バラードパートの「消えないキャンドル」「命の名前」をしっとりと聴かせたあとは、「これからは発売枚数など契約に縛られないので、2ヵ月後に新しいアルバムを発売するかもしれません。まずはこのツアーリハの音源をしれっと白盤で出しちゃおうかな(笑)。新しく出来た楽曲もすぐ配信とかできちゃう、6×9=54インディーズの藤井フミヤです」と、このアルバムよりインディーズでの活動をスタートすることを発表した。

続いて松本孝弘(B’z)作曲の「エデンの起源」、どことなく昭和歌謡ロックを彷彿とさせる「どってでもいいよ」を歌い上げ、最後の曲「友よ」で藤井フミヤ史上初となるスマホでの撮影OKライブを実施。撮影に集中するファンに「画面ばっかり見て全然俺に集中してないな!」と苦笑するも「SNSに上げるのはいい男のやつでよろしく。待ち受けにするとご利益があるかもよ」と会場を和ませた。

演奏後は「よかったらツアーにも来てください。また一緒に遊ぼうぜ! じゃあな!」という言葉と共に、名残惜しそうな歓声に包まれながらステージを終了した。

ライブはDAY TIME、NIGHT TIMEの2回開催され、計2,600名のファンが藤井フミヤの大人ロックな世界に酔いしれた。

また、本日より1週間、LINE LIVEではNIGHT TIMEのライブの模様が視聴可能。この貴重なライブをぜひお見逃しなく!

<セットリスト>
M1. この空の真下で
M2. GIRIGIRIナイト
M3. 愛しいゴースト
M4. 消えないキャンドル
M5. 命の名前
M6. エデンの起源
M7. どっちでもいいよ
M8. 友よ

リリース情報
2016.07.13 ON SALE
ALBUM『大人ロック』

藤井フミヤ OFFICIAL WEBSITE
http://www.fumiyafujii.net/

最終更新:7月14日(木)18時37分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。