ここから本文です

『スター・ウォーズ/エピソード8』撮影終了!レイが報告!

シネマトゥデイ 7月14日(木)15時18分配信

 世界的大ヒットを記録した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続く新作『スター・ウォーズ/エピソード8(仮題)』の撮影を終えたことを、レイ役のデイジー・リドリーが自身のInstagramで発表した。

今年公開のスピンオフ!『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』予告編

 世界中で人気を誇る『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作の第2弾にあたる本作。同シリーズでルーク・スカイウォーカーを演じているマーク・ハミルが今月初め、7月22日に同作のクランクアップを迎えると伝えていたが、デイジーやマークをはじめとする主要キャストはすでに撮影を終えたようだ。

 デイジーは現地時間13日、ブルーに輝くライトセーバーを握りしめるレイの写真に、「『スター・ウォーズ/エピソード8』の撮影が終了。私の心は自信に満ち溢れているわ」というコメントを添えて報告。

 マークもロンドン自然史博物館で盛大に行われた同作の打ち上げパーティーの様子を収めた写真をInstagramにアップしており、「人生で最高の時を過ごして、それにさよならを言うのはとてもつらいものだ。キャストとクルーのみんなには感謝してもしきれない。みんななしでは実現できなかったと思う。たくさんの愛を込めて」と感慨深げだ。

 本作にはデイジー、マークに加え、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザックらが引き続き登場するほか、ベニチオ・デル・トロ、ローラ・ダーン、新人のケリー・マリー・トランが新キャストとして参加することが明らかになっている。監督は『LOOPER/ルーパー』のライアン・ジョンソン。日本公開は2017年12月15日を予定している。(編集部・石神恵美子)

最終更新:7月14日(木)15時18分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。